交通系業界最速のQRコードリーダー開発 読み取り速度は従来機比1.5倍に

2020.09.07

製品イメージ 画像:デンソーウェーブ

JR東日本メカトロニクス株式会社と株式会社デンソーウェーブは、自動改札機などにおけるQRコード付き乗車券に対応する新しいQRコードリーダーを共同開発しました。

新QRコードリーダーのサイズは幅80mm×奥行120mm×高さ50mm。読み取り速度や読み取り範囲を向上させつつ、自動改札機に組み込めるサイズへ小型化されています。

従来の組み込み式スキャナ「QB30(デンソーウェーブ製)」と性能を比較すると、読み取り速度は約1.5倍、読み取り範囲は約2倍に向上。スマートフォンのディスプレイに表示されたQRコードも紙に印刷したものと同等の速度で処理ができるようです。

読み取り範囲イメージ 画像:デンソーウェーブ

読み取り対象も通常のQRコードだけではなく、将来的な機能拡張として、公開・非公開情報を一つのQRコードに格納した「SQRC」や複製防止のQRコードなどにも対応しています。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事