小海線 無線式列車制御システム10月導入 JR東日本

2020.09.15

小海線に導入する無線式列車制御システムの概要 画像:JR東日本
現行においても、一部曲線区間にて地上子からの情報による速度照査パターン制御を行っている 画像:JR東日本

JR東日本は2020年10月12日、小海線へ無線式列車制御システムを導入する。

新しい無線式列車制御システムはICT等の先端システムを活用するもので、列車と地上設備が双方向に無線通信を行う。現行の方式と比べると地上設備をスリム化でき、設備起因の故障リスクも低減するという。

新システムは本年4月の導入を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から延期となっていた。

鉄道チャンネル編集部

【関連記事】
小海線へ無線式列車制御システム 4月導入
https://tetsudo-ch.com/10157615.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです