駅の部分だけ直結軌道です【駅ぶら04】西武池袋線054

2020.10.31

※2020年8月撮影

トップ画像は、武蔵藤沢駅上りホームから撮った下り特急列車。西武鉄道001系Laview。ちょうど太陽が雲に遮られている部分に入った瞬間なのでちょっと不思議な雰囲気です。

さて、前面展望は、狭山ヶ丘駅を出発しました。

※2020年6月撮影

西武池袋線は狭山ヶ丘駅を出ると右にカーブが続き、ほぼ北に向かって進むことになります。

※2020年6月撮影

池袋線はほぼ北上しています。武蔵藤沢駅を過ぎて直角に左に曲がり西の稲荷山公園駅に向かうのです。

※2020年6月撮影

狭山ヶ丘駅から1.3kmと比較的短い駅間で武蔵藤沢駅です。

※2020年6月撮影

武蔵藤沢駅の手前でバラスト軌道が突然、直結軌道に替わりました。池袋駅からここまで石神井公園駅手前のシーサス・クロッシング部分などポイントなどで直結軌道が使われていたくらいだったと思います。他には、石神井公園駅から大泉学園駅間のバラストの色が灰色っぽくて細かいものだったことがありましたが、何故か武蔵藤沢駅の部分だけが直結軌道の様です。

※2020年6月撮影

ここから【駅ぶら】カットです。上りホームから飯能・秩父駅方面を見ています。直結軌道が見えています。

※2020年8月撮影

こちらは池袋駅方面。

※2020年8月撮影

駅名標。

※2020年8月撮影

武蔵藤沢駅は、1926年(大正15年)武蔵野鉄道の駅として開業。1998年(平成10年)島式ホーム1面2線から相対式ホーム2面2線に変更されました。2008年(平成20年)橋上駅舎化、東西自由通路新設など駅舎が刷新されます。

橋上駅舎に上がって改札口。天井の明かり取りから陽光が落ちています。キレイです。

※2020年8月撮影

東西自由通路から改札口。改札外に「TOMONY」があります。

※2020年8月撮影

橋上駅舎から西口ロータリーが見えます。

※2020年8月撮影

西口に出てきました。正面にぎょうざの満州!

※2020年8月撮影

駅前ロータリーからは県道224号線が南西にのびています。

※2020年8月撮影

駅前ロータリーの反対側から武蔵藤沢駅西口。

※2020年8月撮影

駅が100年近く前からあるという割に駅前に商店街などが形成されていません。地図を見ると県道沿いや住宅街の中に店舗などが分散してある様です。

では東口に行ってみましょう。

【駅ぶら04】西武池袋線055 に続きます。

(写真・文章/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです