【日報】三島の新幹線「発射台」を見に行けなかった話【20201105】

2020.11.05

画像は過去記事から

三島駅の近くには「発射台」がある、というのは有名な話で、具体的には半蔵もんのこういう記事を読んでいただけると分かりやすいと思う。

“三島駅ができる前に、先にこの車両基地が存在したなどから、三島駅に到着した三島どまり新幹線は、車両基地(電車留置線)に一発で入れない配線構造になってる。

だからいったん黄瀬川ぎりぎりまで敷いた着発線の線路に引き込んで、進行方向を逆転させてスイッチバックで三島車両所の車両基地に入ってくる。”

三島での取材の後にこの着発線(発射台)を見に行こうか、それとも伊豆箱根鉄道に乗りに行こうか……と思いつつ駅の喫茶店で原稿を書いていたら、筆が遅いものだからすっかり日が暮れてしまって、結局どちらも果たせず新幹線で帰ることに。

一緒に現場で取材をした方からは「今日は天気がいいから富士山を背景に伊豆箱根鉄道が撮れるよ」と教えてもらい、そういえばそんな天気だなぁ……としみじみ感じるいい秋晴れでした。晴れた休日にでも見物に行きたいですね。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです