石原さとみがロキソニンSプレミアム新CMに登場! 頭痛薬あるあるをリアルに表現、アドリブあり[インタビュー]

2020.12.04

「つらい頭痛に。ロキソニンSプレミアム。もちろん期待していいんですよね」

「つらい頭痛に効くロキソニンSプレミアム。よほど自信がおありなようで」

―――そう語ってこちらに微笑むのは、結婚を決めたばかりの石原さとみ。これ、つらい頭痛に「ロキソニンSプレミアム」の、第一三共ヘルスケアの新TV-CM。しかも『事実。期待をこめて』篇、『事実。自信がおありで』篇の2篇。

第一三共ヘルスケアは、速さ、効きめ、やさしさを同時に追求した、シリーズ最高処方の鎮痛薬「ロキソニンSプレミアム」の新イメージキャラクターに、女優の石原さとみを起用。石原さとみらしい「素のリアクション」を意識したCMに仕上がっている。

石原さとみが今回のCMで演じるのは、「ロキソニンSプレミアム」を初めて手に取った、いち頭痛薬ユーザーという役どころ。

CMの後半、石原さとみが製品を納得したような面持ちで見つめたり、光にかざしたりするシーンは、なんとその場のアドリブ!

そんなリアルな石原さとみが垣間見えるCM映像と、さらにメイキング映像の3発は、ロキソニンSプレミアム TVCM 公式サイト↓↓↓で視聴できる。
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_loxonin-s/naifuku/cm/premium.html

石原さとみインタビュー「『効きますよ』と、ちゃんと伝わるCMになっていたらいいな」

――――「ロキソニンSプレミアム」のCMキャラクターになった感想を。

すごくうれしかったです。2020年はドラマで演じた薬剤師の役で、お薬の知識が増えた一年でしたし、わたし自身、普段からお世話になっている「ロキソニンSプレミアム」という、とても身近な存在のCMに出られることがうれしくて、撮影の日を楽しみにしていました。

―――「ロキソニンSプレミアム」にはどのような印象を?

胃にやさしい成分が入っていますし、速効性があって、すごく頼りがいのある存在です。仕事柄、泣いたり、我慢したりというお芝居を続けていると、涙を流したあと、力が入って頭痛になってしまうことがあるのでドラマの撮影中でもすごくお世話になっていました。

―――今回のCMの見どころは。

セットがとてもオシャレでカッコいいところです。光の美しさとか、緻密に計算されたセットのなかで、カメラワークを何度も調整して撮影したのですが、撮影中からワクワクして、とてもすてきなCMになりそうだなぁと思いました。「効きますよ」ということが、ちゃんと伝わるCMになっていたらいいなと思います。

―――「事実。」篇というCMタイトルにかけて、身近で起こった意外な事実を。

ネットショッピングである物を注文したら、その後も何度か届いて、「これ、頼んだかな?」「この前頼んだのを、間違えてもう一回頼んじゃったのかな?」と思っていたら、半年ぐらいたってから定期配送にしていたことに気づきました。実は醤油の話なんですけどね(笑)。同じ物が何個もあるのが、意外な事実。こんど友だちにあげようと思います。

―――「シリーズ最高処方」というキーワードにかけて、石原さん自身、「いま自分最高だ!」と思う瞬間は?

すごく自己満足なのですが、いまたぶん、お肌の調子が一番いいと思います。

―――つらい頭痛に悩んでいるみなさんにメッセージを。

頭痛は本当につらいですよね。わたしも本当に「なぜいま?」というときに痛くなったりするので、よく分かります。そんなとき、たぶんガマンしてしまう人も多いと思いますが、それよりも自分の症状にあわせて、頭痛薬と上手にむきあって、毎日、より豊かな生活を送れたほうがいいかなと。そこで、わたしはこの「ロキソニンSプレミアム」をぜひみなさんに活用してほしいと思います。お守り代わりに常備していただけたら、とても安心かなと思います。

こちらの記事もオススメです