京急は終夜運転実施、「初日号」は設定なし 3が日は一部の列車が12両に

2020.12.09

画像:京急電鉄

京急電鉄は2020年12月30日(水)~2021年1月3日(日)まで土休日ダイヤで運転。3が日は午前中の一部列車を12両編成で運転し、密を避ける。期間中は「ウィング・シート」を休止。

大師線においては2020年1月1日(金)から17日(日)(12~15日を除く)にかけて臨時ダイヤで運転し、日中6分間隔とする。

終夜運転は2020年12月31日~1月1日にかけて実施。京急本線(泉岳寺~横浜駅間)で約30分間隔、大師線(京急川崎~川崎大師・小島新田駅間)は約10~16分間隔。終電繰り下げ・始発繰り上げは行わない。(※新型コロナウイルスの感染拡大状況により終夜運転の中止・区間変更の可能性あり)

特急「初日号」の設定は行わないものの、2021年1月1日(金・祝)早朝に品川5:00発 特急三崎口行を増発し、ヘッドマークを掲出せずに運転する。

これらに伴い深夜・早朝時間帯の一部電車の行先や時刻が変更となる。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです