東急新横浜線、新駅名称は「新綱島」に 新幹線へのアクセス向上など期待を込めて 2022年度下期開業予定

2020.12.21

新綱島駅改札付近イメージ 提供:独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構

東急電鉄は2020年12月21日(月)、「東急新横浜線(※1)」綱島地区に開業する新駅の名称を「新綱島」駅と発表しました。

新駅の設置場所は、2022年度下半期開業予定の「相鉄・東急直通線」における東急電鉄の営業区間(東急新横浜線)内、横浜市港北区綱島東一丁目。東急線の新駅開業はおよそ20年ぶりとなります。

画像:東急電鉄

駅名募集は2020年8月10日から9月6日まで、港北区内在住・在職・在宅の方を対象に行われました(※2)。応募件数は1,898件。新駅名称の選定にあたって、同社は次のようにコメントしています。

「多くのお客様から支持され、新しい駅の新規性を分かりやすく表現するこの駅名を選定しました」

「綱島駅の東側にできる新しい駅・路線の新規性や将来性、新幹線アクセス拠点である新横浜駅との親和性や、綱島地区の新たな玄関口として、街全体のさらなる発展への期待を込めました」

駅構造は島式ホーム1面2線で、駅設備として改札口1か所、エレベーター2基、エスカレーター13基、上下線ホームドアを備えます。

※1 相模鉄道の営業区間は新横浜駅~西谷駅で、こちらの名称は「相鉄新横浜線」です。
※2 他の候補は、「綱島温泉」「東綱島」「綱島東」「大綱橋」「綱島街道」「綱島リバーサイド」「鶴見川」「港北綱島」「綱島桃園」など。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです