JR東日本と西武が描く新しい移動と着地型、2021年1月から企画が続々登場! 移住、研修、ワーケーション&スポーツ……

2020.12.24

「JR東日本と東武鉄道とで特急列車の直通運転を開始します」と発表した2年後、新宿と東武日光・鬼怒川温泉の間で特急が走り始めたのが2006年。

新宿発着、東武日光・鬼怒川温行きの東武100系スペーシアとJR253系が定着し、15年目をむかえることし2020年。JR東日本はこんどは西武鉄道と手を組み、ニューノーマル時代に先手を打つ。

JR東日本と西武ホールディングスは、新型コロナウイルス感染症をきっかけとした人々の価値観・生活様式の変化と、そこから生まれる新たなニーズに対応すべく、両社が持つ有形無形の資産を組み合わせたコラボ企画を、2021年1月から次々と打ち出していく。

その主軸となるのが、西武HDがもつ宿泊施設、ホテルやアトラクション施設と、そこを結ぶJR東日本の新幹線ネットワーク。

移住トライアルプラン

たとえば、移住トレンドへのニーズ発掘。両社は、西武HDがもつプリンスホテルでの宿泊と、JR東日本の新幹線往復チケットやレンタカーがセットになった移住トライアルプランを提案。

新幹線利用では、えきねっとポイント還元で実質的な移動コストの低減を図り、ホテルでは移住トライアルをより楽しく体験できるさまざまなアクティビティーを用意。参加者の要望に応じて現地で移住アドバイザーにも相談できるようにする。

◆設定時期:2021年2月1日から
◆販売額:短期滞在型(3泊~6泊)1室1泊あたり¥16,000~ 中期滞在型(7泊~27泊)1室1泊あたり¥15,000~ 料金には室料、サービス料(10%)、消費税を含む。
◆プラン内容:レンタサイクル利用無料、ホテルゴルフコース(9H)1日1回プレー無料、ボウリング1日1回1名2ゲーム無料、レストラン・ラウンジ20%割引、温泉施設利用無料、宴会場利用室料半額。

研修プラン

もうひとつの例が、研修プラン。

両社は、企業向けワーケーション(研修プラン)を展開。たとえば軽井沢プリンスホテルを会場とし、さまざまな業種への研修プランをそろえるJR東日本グループのJR東日本パーソネルサービスが、研修メニューを構築。

JR東日本グループのコンテンツ(オレンジページの食体験・料理のコンテンツやJR東日本スポーツが展開するスポーツアクティビティなど)を織り込み、企業向け健康経営・チームビルディングをテーマとした独自性のある研修メニューを提案していく。

◆設定時期:2021年2月より販売開始し、4月以降より随時実施予定
◆販売額:1泊2日のメニューで、1名あたり10万円程度(研修費のみ)

ワーケーション&スポーツ

また、軽井沢プリンスホテルでの毎日のゴルフハーフプレーがセットになったテーマ型ワーケーションプラン(スポーツ)も展開。

3つのプリンスホテル(軽井沢、苗場、雫石)に、往復の新幹線がセットになったワーケーションのウインター商品を発売する。

この商品には、各ホテルに併設したスキー場の滞在期間中のリフト券が付属するほか、2/28出発ぶんまでの商品を購入した えきねっと会員(代表者のみ)に、えきねっとポイントを付与する。

苗場プリンスホテルの商品に付属するリフト券の1枚は、GALA湯沢スキー場のリフト券とし、たとえば最終日にGALA湯沢スキー場を利用すれば、帰りは直接、ガーラ湯沢駅から新幹線に乗れるというメリットもある。

◆発売開始:12月23日 15時から発売
◆設定期間:苗場1月12日~3月25日、軽井沢1月12日~3月29日、雫石1月12日~3月18日
◆販売額:販売額の一例(「GoToトラベルキャンペーン」割引後の支払実額) 1/27(水)出発、3泊4日プラン(朝食付き)、2名1部屋利用の場合↓↓↓

――――苗場プリンスホテル(4号館ツインB)
上越新幹線普通車指定席利用(東京~越後湯沢/ガーラ湯沢)の場合
おとな1名3万3800円(旅行代金5万2000円、給付額1万8200円、クーポン額8000円)

――――軽井沢プリンスホテルウエスト(プリンスコテージE)
北陸新幹線普通車指定席利用(東京~軽井沢)の場合
おとな1名4万5500円(旅行代金7万円、給付額2万4500円、クーポン額1万1000円)

――――雫石プリンスホテル(スーペリアツイン)
東北新幹線普通車指定席利用(東京~盛岡)の場合
おとな1名3万7050円(旅行代金5万7000円、給付額1万9950円、クーポン額9000円)

このほか、ステーションワーク(プリンスホテル利用プラン)などいろいろ

このほかステーションワーク(プリンスホテル利用プラン)をはじめ、西武鉄道沿線駅の「STATION BOOTH」展開、「レスキューデリ」によるフードロスの削減、「アイカサ」による傘のシェアリング、「プリンス スマート イン」への非対面オーダー決済端末「TTG-MONSTAR」の導入、JR東日本品川駅と品川プリンスホテルとの連携プロジェクト立上げによる品川エリアの価値創造、グローバル MICE による地方創生……と、矢継ぎ早に西武とJR東日本は、ニューノーマル時代に手を打っていく構え。

―――西武とJR東日本が手がける、新しい関東圏のライフスタイル提案。今後の動きが、楽しみ。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです