JR東日本アプリ、遅延情報反映リアルタイム経路検索を京王 小田急 JR西日本にエリア拡大_新宿 渋谷圏の列車遅延時経路検索を最適化図る

2020.12.24

JR東日本管内の運行情報、首都圏のおもな路線の列車の走行位置、時刻表・構内図、輸送障害発生時の振替輸送情報などを案内する「JR東日本アプリ」がさらに進化。

JR東日本アプリは、2020年1月からJR東日本管内の各路線と一部の直通区間の列車の遅れを反映した経路検索「リアルタイム経路検索」の実証実験を実施中。

2021年1月からは、京王電鉄・小田急電鉄・JR西日本とも連携し、対象範囲を拡大。新宿・渋谷圏の列車遅延時経路検索を私鉄と連携し最適化を図る。

京王電鉄と小田急電鉄とは、2020年度の東京都 MaaS 実証実験にあわせてスタート。京王線・井の頭線のリアルタイム運行データを連携させる。

JR西日本とは、2020年度内の連携をめざす。

JR東日本アプリ リアルタイム経路検索は現在、在来線が、東海道線、横須賀線・総武快速線、湘南新宿ライン、京浜東北線・根岸線、横浜線・根岸線、南武線、山手線、中央本線、中央線快速電車、中央・総武線各駅停車、総武快速線、青梅線、五日市線、宇都宮線、高崎線、埼京線・川越線、常磐線快速電車/常磐線(上野~水戸)、常磐線各駅停車、京葉線、武蔵野線、上野東京ライン、八高線、伊東線、篠ノ井線、奥羽本線、仙山線、仙石線、東北本線、田沢湖線、仙台空港アクセス線で利用できる。

また、新幹線は、東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線、山形新幹線、秋田新幹線で利用できる。

JR東日本は今後、さらに各交通事業者(私鉄など)との連携を拡大し、グループ経営ビジョン「変革2027」で掲げた「シームレスな移動」の実現をめざす。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです