芳賀・宇都宮LRTの開業時期、1年遅れて2023年3月開業へ_線路敷設や車両製造もすすみ1編成目は登場間近

2021.01.26

JR東北線 宇都宮駅東口から、清原工業団地を通り芳賀町の本田技研北門まで、約14.6kmの複線線路を敷きLRTを走らせる、芳賀・宇都宮LRT事業。

その開業にむけて、線路敷設や車両製造がすすむなか、当初の開業時期から1年遅れて2023年3月開業めざすことが明らかになった。

芳賀・宇都宮LRT事業は、2020年12月末時点で宇都宮市域の事業用地は事業面積全体の約95パーセントを取得。工事は、鬼怒川橋りょう工事や軌道工事を実施するなど、整備区間の約8割で実施中。残りの約2割が未着手の状態。

今回の新型コロナウイルス感染症の影響などで、事業用地の取得に時間がかかり、目標の2022年3月の開業が困難な状況に。そこで開業時期は1年程度遅れ、2023年3月の開業をめざす。

また2020年度から製造に着手したLRT車両も、新型コロナウイルス感染症の影響にともない、一部の外国製部品の調達が遅れているなどから、1編成目の納入時期が2か月程度遅れる見込み。

さらに、概算事業費も当初よりアップ。宇都宮市は市概算事業費約412億円(税抜き)を精査し、現時点で市概算事業費は、現地の施工条件などへの対応や建設需要の増加などの社会情勢の変化、安全性・利便性の向上などから、約191億円の増加。約603億円(税抜き)の見込み。芳賀町域は、35億円アップの81億円にふくらむ見込み。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです