新製 N700S が博多総合車両所へ、JR西日本 H編成2本 は試運転を経て2月から営業運転か

2021.01.27

JR東海が開発した新幹線 最新モデル N700S は、日立製作所と日本車輌製造で、ほぼ1か月に1本のペースで製造が続いている。

JR東海J編成の増備が続くなか、いよいよJR西日本にも N700S が上陸し始めた。

JR西日本は、2020年10月公表時点で、この N700S を2020年度中に2本導入すると伝えている。

その公表どおり、日立製作所と日本車輌製造から1本ずつ、JR西日本版 N700S が出場し始めた。

JR西日本版 N700S の編成コードはH。番台区分は3000番台。H1編成とH2編成がJR西日本 博多総合車両所 に入ってくる。

日本車輌製造 豊川製作所でつくられた N700S H編成は、その10km南にある豊橋港へ陸送され、船で九州 博多港へと運ぶ。

山口県下松市の日立製作所 笠戸事業所から出てくる N700S H編成も同じく、船で博多港へと運ぶ。

JR西日本は、2020年度に投入する N700S を2021年2月以降に投入すると伝えているから、博多総合車両所に入ってくる N700S H編成本は今後、試運転などを重ねて近々、営業運転に入る見込み。

まだ700系も走るJR西日本 山陽新幹線 車両グループ。500系・700系・N700系に、新たに N700S が加わるバラエティな山陽新幹線の旅が、いまから楽しみ。

◆東海道新幹線 N700S 新型車両 が入る列車がわかる化、3月から1日9往復
https://tetsudo-ch.com/11127809.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです