カーボンオフセットできる新幹線 特急 利用旅行オプション「JRセットプラン Carbon-Zero」日本旅行が2月12日から発売

2021.02.06

日本旅行は、SDGsの取組みの一環として新たに旅行商品にカーボンオフセットの仕組みを取り入れたプラン「JRセットプラン Carbon-Zero(カーボン-ゼロ)」を発売する。

JRセットプラン Carbon-Zero(カーボン-ゼロ)は、国内旅行ブランド「赤い風船」のJRセットプラン購入者が、自身の利用で発生する新幹線や特急列車の二酸化炭素排出量相当額を別途支払い、この代金で日本旅行が国のJ-クレジット制度の認証を受けている滋賀県造林公社からJ-クレジット(CO2吸収量)を購入することで、カーボンオフセットできるオプションプラン。

2月12日から発売する西日本エリア発、赤い風船旅コレクション6商品(赤い風船 旅コレクション 京阪神・北陸・中国地区発「北陸」/京阪神・中国地区発「城崎・湯村・丹後・天橋立」/京阪神・中国地区発「鳥取・島根」/京阪神・中国・北陸地区発「京都・大阪・神戸」/京阪神・中国地区発「岡山・広島・山口」/京阪神・中国地区発「四国」)に掲載する。

同オプションプランは、日本旅行グループの西日本地区(関西・北陸・中国・四国地区)の各支店と、同社ホームページで販売する。

日本旅行と滋賀県造林公社は、J-クレジット制度を利用したカーボンオフセットで相互連携し実施。琵琶湖源流にある森林の保全と低炭素社会にむけた取り組みを推進すべく、新たに締結する「びわ湖カーボン・クレジットパートナー協定書」にもとづき、同オプションプランなどを実施する。

日本旅行は、今回の購入先選定理由について、「日本旅行の創業の地が滋賀県であること」「滋賀県と日本旅行は2015年11月に包括連携協定を締結していること」「JRセットプランCarbon-Zero を掲載する旅行プランの利用者の多くが京阪神地区在住者であり、利用者のオプションプラン購入が、この地区の水の供給源である琵琶湖の水源を保全する滋賀県の森づくりに貢献できること」をあげている。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです