都営三田線 新型車両6500形に車両情報収集システムを搭載

2021.02.20

東京都交通局(都営交通)は、IoTやビッグデータ等のデジタル技術を活用し、車両の状態をリアルタイムに可視化する 車両情報収集システム を、都営三田線の新型車両6500形に搭載する。

6500形は、都営三田線で22年ぶりに登場する新型車両。従来の6300形が6両編成なのに対し、6500形は三田線初の8両編成。輸送力を増強し、利用者の利便性が向上すると期待され、2022年度から営業運転につく。

今回6500形に搭載される車両情報収集システムは、走行中の車両状態を指令所などで確認することで、異常時対応の迅速化などを図る。

また、車両機器のさまざまなデータを収集・蓄積し、それを活用した新たな保守にも取り組んでいく。画像は東京都交通局の車両イメージと車両情報収集システムのイメージ。

車両情報収集システムの特長

車両情報収集システムは、走行中の車両から電流・電圧、時刻・位置、ドアの開閉、空気圧力、重量、速度、ブレーキなど各種データを無線通信で送信。

指令所や車両基地などの離れた場所で各種データを受信し、リアルタイムに車両状態を確認。車両状態の可視化を実現する。

また車両異常時には、詳細な状況を指令員と保守作業員が迅速かつ正確に共有し、復旧作業等を円滑に実施できるようになる。

さらに、データを自動的に蓄積することで、機器ごとの詳細な傾向分析などが可能に。

分析結果を活用し、異常の早期発見や部品交換周期の最適化など、より効果的な予防保全をめざしていく。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです