鉄道事業者向け「時刻表生成システム」ナビタイムジャパンが提供開始 時刻データを一元管理、確認作業の負担軽減

2021.03.15

ナビタイムジャパンは2021年3月15日、鉄道事業者向けソリューション「時刻表生成システム」の提供を開始しました。

「時刻表生成システム」は、鉄道事業者の時刻データを一元管理し、時刻表を表示する媒体(サイネージや駅内のボード)ごとに最適なデータを自動で生成するというシステムです。

表示媒体によらず全ての駅や列車の時刻表をまとめて更新できるため、媒体ごとにかかっていた変更・確認作業の負担軽減につながり、コスト削減や業務効率化が図れます。

列車種別や行先凡例表記の色分けなどにも柔軟に対応できるほか、女性専用車や臨時列車、発着番線、当駅始発列車に印を付けたり、異なる媒体の時刻表でもデザインを統一可能。より見やすく分かりやすい情報を利用者に提供できるとしています。

「鉄道事業者様は、ダイヤ改正時の駅構内に掲出する時刻表やホームページ等の更新作業の一助としてご活用いただけます」(ナビタイムジャパン)

データの出力にかかる時間は、鉄道事業者のデータ提供から最短5営業日です。

鉄道チャンネル編集部
(画像:ナビタイムジャパン)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです