東葉高速鉄道、開業25周年で1日乗車券など発売

2021.04.09

西船橋駅~東葉勝田台駅を結ぶ東葉高速鉄道は、2021年4月27日に開業25周年を迎えることから、「開業25周年ありがとうキャンペーン」を展開し、沿線の魅力を紹介する冊子の発行や1日乗車券の発売、スタンプラリー、ヘッドマーク付き列車の運行などを実施する。

冊子「LIFE With 東葉」初回22,000部発行

東葉高速線沿線の船橋市・八千代市の暮らしやすさや魅力を紹介する冊子を発行し、4月10日から、西船橋駅を除く東葉高速線の各駅や沿線の主な公共施設などで配布する。

冊子は「船橋エリア編」「八千代エリア編」の2部構成。子育て情報や暮らしに役立つ地域情報のほか、地域で活動されている方々へのインタビュー、主要な買物スポットやレジャースポットなどを盛り込んだ。同社ホームページではWeb版も公開予定。

「開業25周年記念1日乗車券」の発売

西船橋駅~東葉勝田台駅間が1日乗り降り自由となる「開業25周年記念1日乗車券」を発売する。

発売期間は2021年4月10日~7月11日で、有効期間は同期間内の土休日。ただし4月24日~5月9日の間は、平日でも使用できる。

発売金額は大人券700円、小児券350円。東葉高速線各駅窓口で発売する(西船橋駅、北習志野駅乗換口、東葉勝田台駅北口を除く)。

使用済みの1日乗車券を10枚集めて同社へ送ると、オリジナルグッズのプレゼントも。

開業25周年 重ね捺しスタンプラリー

西船橋駅を除く各駅に特製スタンプを設置し、全てのスタンプを捺すことで絵柄が完成する「重ね捺しスタンプラリー」を実施。

専用台紙に異なる色のスタンプを版画のように重ねていくことでカラフルな1枚の作品が仕上がる。

実施期間は2021年4月24日~5月9日で、詳細は後日改めて告知される。

開業25周年 ヘッドマーク付き列車運行

2021年4月24日~5月23日まで、開業25周年ロゴマークをデザインしたヘッドマーク付きの列車を期間限定で運行する。詳細は後日告知される。

鉄道チャンネル編集部
(画像:東葉高速鉄道)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです