京急電鉄 新型車両1000形20次車、座席転換/トイレ/電源などいろいろ初搭載し5/6登場! 久里浜検車区に処理施設も新設

2021.04.17

京急1000形グループの新しい風、ロングシート・クロスシート転換座席搭載―――新型1000形20次車(1890番台)が5月6日からモーニング・ウィング3号で走り出す。

一番の特徴は、東武鉄道 50090型 TJライナーや70090型 THライナー、西武鉄道 40000系 S-TRAIN、京王電鉄 5000系 京王ライナーなどと同様、デュアルシートやL/C座席といわれるロング・クロス転換座席を採用している点。

いま流行りのコンセントやドリンクホルダーが各座席につき、4両編成のうち中間車に男性用トイレ(3号車)とバリアフリー対応トイレ(2号車)を設置した。

車体は総合車両製作所(J-TREC)の車体製造共通プラットフォームパッケージ サスティナ(sustina)を採用。

4両編成の動力構成は、先頭車をモータつき車(M)、中間車2両をモータなし車(T)とし、M-T-T-M の順に連結。制御装置は中間車床下に設置した。

この座席転換タイプ&トイレつきの新型1000形20次車は、まず4両編成2本が登場する。

気になる話題のひとつは、トイレの処理作業を行う場所。京急は、同社初のトイレ初設置車両形式にあわせて、久里浜検車区(神奈川県横須賀市舟倉)に処理施設を新設したという。

◆GW後はモーニング・ウィング3号が12両編成に、新造車両使用 京急は3月末ダイヤ改正実施
https://tetsudo-ch.com/11139231.html
◆京急 新型車両 1000形の初衝撃、転換座席 トイレ コンセントつきで貫通扉中央配置_都営線へは? なぜ1000? トイレ処理施設は?
https://tetsudo-ch.com/11119190.html
◆京急、新造車両2本導入へ ロングシート・クロスシート切替可、前面展望席復活 2021年春から順次営業運転開始
https://tetsudo-ch.com/11116358.html
◆京急線に“キャベツ列車”走る! 3/23.26 三崎口→上大岡で三浦野菜の貨客混載実証実験
https://tetsudo-ch.com/11303789.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです