西武「レッドアロークラシック」にはどこで会えるか ラストランキャンペーンで新宿線・池袋線など臨時運行

2021.04.19

ラストランロゴマークを掲出した西武「レッドアロークラシック」

西武鉄道の「レッドアロークラシック」は、西武10000系10105編成に初代特急5000系「レッドアロー」カラーの塗装を施した車両。

2011年に臨時特急電車として運転を開始。「ちちぶ」「むさし」などの特急に使用されてきたが、新型特急001系Laviewの登場により、新宿線での運用がメインとなった。

2021年4月29日をもって約9年半にわたる定期運行に終止符を打つ。西武鉄道は3月より「レッドアロークラシック ラストランキャンペーン」を実施しており、定期運行終了後は引退させる予定だったが……

「長年運行をしていた池袋線・西武秩父線での雄姿をまた見たいというお声を多数いただきました」(西武)

多くの利用者からの要望に応えるかたちで、池袋線・西武秩父線・狭山線・新宿線で臨時特急電車として運行する企画を実施することになった。各日の出発時刻やきっぷの発売日などは次の通り。

西所沢~西武球場前駅間 臨時特急電車運行詳細

2021年5月1日・2日には西所沢駅から西武球場前駅まで臨時運行を実施。途中停車は行わない。運転時刻は下記の通り。

<臨時91号> 西所沢  8:57発 → 西武球場前 9:02着
<臨時93号> 西所沢 11:24発 → 西武球場前 11:29着
<臨時95号> 西所沢 13:55発 → 西武球場前 14:01着

※方向幕は「臨時」
※全電車が西所沢駅1番ホームから発車する。

臨時電車の特急料金は大人300円、小児150円。特急券は2021年4月20日10時から、西武線特急券発売駅やチケットレスサービス「Smooz」などで発売・予約を開始する。発売席数は各電車300席。

乗車特典として、当日西所沢駅での特急券確認時に「記念カード引換券」を配布する。引換券は西武球場前駅改札外で「記念カード」と交換でき、図柄は5月1日と2日で異なる。

また西武球場前駅では、臨時特急電車の特急券所持者限定で、駅構内で同車両を撮影できる専用スペースを設置するほか、西武球場前駅改札外の特設売り場では9:00~16:30にかけて新商品「レッドアロークラシック ラストランポストカード」を含む西武鉄道グッズの販売も行われる。グッズの購入はきっぷが取れなかった人でもOKだ。

池袋~西武秩父駅間 臨時特急電車運行詳細

2021年5月15日・16日には池袋~西武秩父間で各日1往復臨時運行を実施する。停車駅は池袋・飯能・西武秩父で、所沢・入間市・横瀬には停車しない。運転時刻、特急料金は下記の通り(方向幕は「臨時」)。

運転時刻 ※池袋・西武秩父の発車ホームは通常の特急電車と異なる
特急料金

2021年5月15日・16日には西武秩父駅改札外で「レッドアロークラシック ラストラン パスケース」を発売。価格は1,500円で、各日400個、一人1回の購入につき1個まで。商品詳細は5月7日に西武鉄道Webサイトのグッズページで案内される予定。

西武新宿~本川越駅間 臨時特急電車運行詳細

2021年5月29日には、西武新宿~本川越間を臨時特急電車として1往復。停車駅は西武新宿・高田馬場・東村山・所沢・狭山市・本川越で、運転時刻・特急料金は下記の通り(方向幕は「小江戸」)。

運転時刻 ※本川越の発車ホームは通常の特急電車と異なる
特急料金

特急券は2021年4月29日の7時から発売・予約開始。また5月29日(土)11:30~14:30にかけて、本川越駅改札外で「レッドアロークラシック ラストラン パスケース」を発売する(5月15日・16日に発売する商品と同じもの)。

なお、西武線アプリでは走行中の列車位置情報を確認することも出来る。4月29日までは定期運行中だから、気になったときにアプリの画面を開いてみたら見つかるかもしれない。

鉄道チャンネル編集部
(画像:西武鉄道)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです