沼袋駅も 工事中です【駅ぶら04】新宿線18

2021.06.22

※2021年4月撮影

トップ画像は、新宿線沼袋駅上りホームから撮影。西武新宿駅方向に離れてゆく上り各駅停車西武新宿行と下りホームに到着した各駅停車田無行。ダブルで30000系スマイルトレイン。

沼袋駅、上りホームも仮設ホームの様です。

※2021年4月撮影

トップ画像直前のカット。

※2021年4月撮影

上りホームから本川越駅方面を見ています。空模様がイマイチです。

※2021年4月撮影

西武鉄道ホームページ「新宿線中井~野方駅間連続立体交差事業のご案内」「工事の順序」にある沼袋駅工事の断面図を見てみましょう。

地下化工事は、沼袋駅も開削工法、溝を掘って工事をします。元は相対式ホーム2面2線の内側に上下の追越線があったことや、地下駅との関係がよく分かります。

※西武鉄道「新宿線中井~野方駅間連続立体交差事業のご案内」「工事の順序」から

これが現在地上で見える状況。中央の通過線が上下共用の1本になって仮設ホームの南側に施工ヤードが設けられています。もちろん施工ヤード内の地下工事は見えません。

※西武鉄道「新宿線中井~野方駅間連続立体交差事業のご案内」「工事の順序」から

線路が地下駅に切り替えられると開削された溝は埋め戻されます。

※西武鉄道「新宿線中井~野方駅間連続立体交差事業のご案内」「工事の順序」から

これが工事完了後の状態。地表の広い土地が有効に活用できます。

※西武鉄道「新宿線中井~野方駅間連続立体交差事業のご案内」「工事の順序」から

上りホームから仮設の北口に行きます。

※2021年4月撮影

改札口を出ました。発着案内板も設けられています。

※2021年4月撮影

運賃表です。当駅は西武新宿駅から6つ目。この先で通る東村山駅付近は「高架化」で大きな工事をしています。長年親しんだ車窓がこの2区間では大きく変化します。

※2021年4月撮影

北口です。

※2021年4月撮影

地下化工事の案内看板。東京都、中野区と西武鉄道が行っています。右下には都内の連続立体交差事業6路線8箇所が示されています。三浦半島の田舎に住んでいる筆者は、自動車を運転して都内を走ることもないのでほとんど意識していませんでしたが、大規模な工事が何カ所も進められているのですね。

※2021年4月撮影

北口を出て西武新宿駅側。施工ヤードの壁が続いています。

※2021年4月撮影

まずは本川越駅側の踏切に向かいます。

※2021年4月撮影

次回も沼袋駅が続きます。

(写真・文章/住田至朗)

※鉄道撮影は鉄道会社と利用者・関係者等のご厚意で撮らせていただいているものです。ありがとうございます。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです