2021年ブルーリボン賞は近鉄特急「ひのとり」に 「しまかぜ」以来7年ぶり9回目

2021.05.26

近鉄80000系電車「ひのとり」が2021年「ブルーリボン賞」を受賞した。

2020年3月14日から営業運転を開始した「ひのとり」は、「くつろぎのアップグレード」をコンセプトに、都市間輸送の新たなスタンダードとして開発された車両。

日本で初めて全席にバックシェルを採用。プレミアム車両では電動式フルアクティブサスペンションを設置し、全席本革の3列シートで座席間隔を日本最大級の130cmとするなど、車内の快適性を追求した。

2021年5月現在、大阪難波~近鉄名古屋間では平日に15往復、土休日に19往復運転している。

「ブルーリボン賞」は日本の鉄道車両の進歩発展に寄与することを目的として1958年に制定された賞で、「鉄道友の会」が前年に日本国内で営業運転を開始した新造および改造車両から、「最優秀」と認めた車両を選定している。

「名阪特急列車は広くゆったりした快適性を実現し、高品質で高機能な移動空間を提供してきた。『くつろぎのアップグレード』をコンセプトとする80000系は、これらをさらに追求している。ビジネス、観光、お出かけなどの多様な利用用途に対応し、車内からの眺望を楽しむことができる一方、悠久の歴史を育む沿線の伝統的景観とも調和しており、完成度が極めて高く魅力あふれる車両である。」(鉄道友の会)

近鉄車両のブルーリボン賞受賞は、2014年の観光特急「しまかぜ」以来、7年ぶり9回目。

鉄道チャンネル編集部

【関連記事】
いよいよ明日!新型名阪特急「ひのとり」がデビュー(※2020年当時の取材記事)
https://tetsudo-ch.com/10160453.html
全国の鉄道愛好家3000人が集う ブルーリボン賞、ローレル賞の「鉄道友の会」をご紹介
https://tetsudo-ch.com/11143115.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです