地盤沈下修復 ウレタン技術の先駆者 アップコンが東証上場、新工法開発を加速「ウレタンで○○する会社」めざす

2021.07.24

地盤沈下による建物の傾きを修復する技術で知られるアップコン(UPCON 本社 神奈川県川崎市)が7月21日、東京証券取引所 TOKYO PRO Market に新規上場。

同日、東京証券会館でその修復技術の最新トレンドや成長戦略について松藤展和 代表取締役社長が説明した。

工期は従来工法の1/10、操業を止めずに修正

アップコン工法(コンクリート床スラブ沈下修正工法)は、沈下・段差・傾き・空隙が生じた既設コンクリート床に、直径16mmの小さな穴を開け、ミリ単位でレベルを常時監視しながら、ウレタン樹脂を注入していく工法。

床下に注入された樹脂は、短時間で発泡する圧力で地盤を押し上げ、圧密強化する。

また、地耐力を向上させながら、コンクリートを押し上げて(アップコン)原状復帰させる。

樹脂の最終強度は1時間で発現することから、従来工法のコンクリート打ち替え工期の1/10という短時間修正や、操業を止めずに修正できるといった点も特長のひとつ。

各研究開発プロジェクトを加速、得意のウレタン技術で新工法の確立めざす

アップコンは、今回の東京証券取引所 TOKYO PRO Market に新規上場したのを機に、研究開発プロジェクトや新工法確立へむけて加速する構え。

また昭和期につくられた高速道路や農業用水路、空港、港湾、鉄道、学校、防衛省関連など、各施設の老朽化で急激な需要増に対応できるよう、同社のウレタン技術を強みとした新工法も積極的に採り入れていく。

同社は現在進行中の、杭状地盤改良・電柱・緑化・OFP応急復旧・ブラストの5つのプロジェクトも加速させ、ウレタン技術の可能性を広げる技術の確立へむけても動き出している。

『ウレタンを使って○○する会社』めざす

アップコンは今後、シェア拡大・新市場創出・グローバル展開を成長戦略の3軸とし、全国規模・世界規模で得意のウレタン技術を展開してく構え。

2019年にノウハウライセンス契約を締結したベトナム Lac Viet 社と共同で出店も計画中。ジェトロ本部海外展開支援課と連携し、海外への技術展開も視野に入れている。

―――東京証券取引所 TOKYO PRO Market に新規上場したアップコン 松藤展和 社長は、「われわれが独自に持つウレタン技術と施工実績をあらゆる方向へ展開させ、『ウレタンを使って○○する会社』をめざしていく」とも伝えていた。

◆ アップコン
http://www.upcon.co.jp/index.html

こちらの記事もオススメです