JR東と秋田県が覚書締結、秋田新幹線新仙岩トンネル整備計画の推進に向け相互協力

2021.07.26

秋田新幹線「こまち」イメージ(写真: くまちゃん / PIXTA)

秋田県とJR東日本は2021年7月26日、秋田新幹線新仙岩トンネル整備計画の推進に関する覚書を締結した。

事業区間は秋田新幹線 赤渕駅(岩手県)~田沢湖駅(秋田県)間の約15kmで、工期は着工より約11年、事業費は約700億円。

トンネル整備により見込まれる時短効果は約7分。建設投資による経済波及効果は約1,113億円、時短による利用者便益は年間約11億円。運休や遅延による損失回避、安定運行による鉄道の信頼性向上も期待される。

秋田県とJR東日本は本整備計画の早期実現に合意し、取組の推進にあたっては、緊密な連携のもと情報交換等に努めるとしている。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです