東急田園都市線5駅のリニューアルプロジェクト、本日開始 工事は駒沢大学駅から

2021.07.30

駒沢大学駅ホームリニューアルイメージ(画像:東急電鉄)

東急電鉄は2021年7月30日、田園都市線 地下区間5駅のリニューアルプロジェクト「Green UNDER GROUND」を開始すると発表。その第1弾として駒沢大学駅リニューアル工事が始まった。

プロジェクトは開業後40年以上が経過した池尻大橋駅・三軒茶屋駅・駒沢大学駅・桜新町駅・用賀駅の設備更新工事にあわせ、訪れた人が心地良く、ワクワクする体験ができる空間に生まれ変わらせるというものだ。プロジェクト名の「Green」には、田園都市線の路線カラーという意味だけでなく、「快適・安心」「スムーズ」「クリーン・サステナブル」「親しみが生まれる」「新しさがある」などさまざまな想いが込められている。

駒沢大学駅のリニューアルコンセプトは「UNDER THE PARK」 で、地域の憩いの場である都立駒沢オリンピック公園の最寄り駅として、公園とともにあるライフスタイルをイメージするデザインを取り入れ、広がりを感じられる空間を創出する。

同駅のステーションカラーでもある緑色の壁面タイルや、床材などの既存材を最大限活かして廃棄物削減に取り組む。また空調設備改修ではコミッショニングの導入やCBMの推進による効率的な運用を行い、改修後のCO2排出量を年間約260トン削減する。

(画像:東急電鉄)

駅設備・内外装の改修にとどまらず、 バリアフリーの拡充にも取り組む。旅客トイレのリニューアルではベビーカーと一緒に入れる個室を整備し、西側へのエレベーターを新設。同社としては8駅目となるバリアフリー2ルート目を整備するかたちだ。

また東口・西口に接続するビルや駅構内では、利便性向上と街の魅力を活かした駅機能・サービスを導入し、地域に開かれた新たな駅のあり方の実現を目指すという。竣工は2024年夏頃の予定。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです