プラレール史上初! 電池なし、手転がし30秒でチャージし電動走行「テコロでチャージ」シリーズ 10/21発売

2021.09.03

プラレール62年間の歴史で初! いよいよあのプラレールも再生可能エネルギーで走る時代へ―――。

タカラトミーは、鉄道玩具プラレールシリーズの新商品として、電池なしで電動走行するプラレール「電池いらずで出発進行!テコロでチャージ」シリーズを発売。

同シリーズ第一弾は、「E5系新幹線はやぶさ」「E6系新幹線こまち」(希望小売価格:各4,180円/税込)。10月21日から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、プラレール専門店「プラレールショップ」、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」などで販売する。

30秒チャージで7m走行

「電池いらずで出発進行!テコロでチャージ」シリーズは、プラレール62年間の歴史で初の、電池なしで電動走行する。

車体を床やテーブルの上などで前後に転がして車輪を回転させることで発電する仕組みで、約30秒間チャージすることで約7m(正円に組んだレイアウト約5~6周分)、電池を使うことなく電動走行できる。

本体スイッチをOFFにし、車両をしっかり持って、車輪が回転するように床などに軽く押し付けて前後に転がすと、運転席のLEDが光り始め、徐々に明るくなる。

発電構造はタカラトミーが特許出願中

チャージされたエネルギー量は、運転席のLEDの光の強さで確認。明るさが変わらなくなったらチャージ完了で、スイッチをONにすると電動走行できる。

チャージの目安は、約30cmの距離を約2秒で往復するくらいのスピードで15往復(約30秒)程度。こうした発電構造は、タカラトミーが特許出願中という。

再生可能エネルギーの仕組みを体感

脱炭素社会の実現、クリーンなエネルギーへの転換が注目されているなか、再生可能エネルギーの仕組みを実現し、子どもが自らがエネルギーをつくり出すことで、遊びながら学ぶことができる商品に仕立てたという。

画像:タカラトミー
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです