ディップ「ワクチンインセンティブがある仕事特集」の新CMに DAIGO 徳光和夫 が出演! 該当求人情報20万件突破

2021.11.01

求人情報サイト「バイトル」「バイトルNEXT」「バイトルPRO」「はたらこねっと」で『ワクチンインセンティブプロジェクト』を展開しているディップ(dip)。

ワクチンインセンティブとはなにか―――を、わかりやすく伝える新TVCM『ワクチンインセンティブ導入』編、『ご存じですか』編が、11月1日からオンエア。

出演は、DAIGO。そして11月8日からは徳光和夫が出演する『ありがとう』編も放映する。

ワクチンインセンティブを積極的に付与する企業情報を積極紹介

ディップ(dip)のワクチンインセンティブプロジェクトは、ワクチン手当・ワクチン接種特別休暇・接種した人のシフト優先や時給アップなど、ワクチンインセンティブを積極的に付与する企業情報を、求職者に積極提供していく動き。

すでに多くの企業がこれに賛同し、該当する求人情報は20万件以上に達した。

「同TVCMを通じ、ディップ(dip)のワクチンインセンティブがさらに広まり、すべての人が活気ある日常を取り戻すことができるよう、今後も必要な施策を迅速に決定し、実施していく」(ディップ)

「たくさんの人がポジティブになれる世の中になればいい」

ディップの新TVCMに出演した DAIGO は、CMメッセージ「ワクチン接種であなたを守りたい。」について、こう共感する。

「守りたいのはもちろん家族ですね。コロナ禍で一番守りたいと思ったのは両親ですね。高齢になってきているので心配していて、命を守ることが一番大事だと思うので、会いに行く回数を減らしていました」

「お互いワクチンを接種して、色々検査も受けながら安心して会えるようになったので、やはり家族というものは守りたい存在だと思います。あとはファンですね。9月にライブをやってファンのみんなも集まってくれて、ライブ後の報告でも体調が悪くなった人もいなかったので、安全対策をしっかりしながら開催することもできました。大事なファンのみんなを守るということもひとつの使命だと思いました」

「ワクチンインセンティブプロジェクトは、D.I.P。D=DAIGOと、I=いっしょに、P=ポジティブに。やっぱりポジティブに働ける現場や、毎日があるというのは生きていくのに大事なことだと思うので、こういうワクチンインセンティブプロジェクトでもっとたくさんの人がポジティブになれる世の中になればいいなと思っています」

11月8日からは徳光和夫 出演『ありがとう』編も放映

また、フリーアナウンサー徳光和夫が出演する新TVCM『ありがとう』編も、11月8日から公開。

徳光和夫も絶賛する「ワクチンインセンティブプロジェクト」は、ワクチン接種を促進し、安心・安全な環境づくりに取り組む企業の情報を集めた、「バイトル」「バイトルNEXT」「バイトルPRO」「はたらこねっと」の特集ページ。

具体的な取り組み事例は次のとおり。

◆ワクチン手当支給
ワクチンを打ったことに対する奨励金の支給
事前申し出につき、2時間限りで時給を発生させる
ワクチン接種による副反応が出たら、翌日の日当を支給する

◆待遇優遇 (賃金・シフト)
ワクチン接種済み、接種する意志を申告した人に対して時給を上乗せ
ワクチン接種済み、接種する意志を申告した人はシフトに多く入れる

◆特別休暇付与
ワクチン接種によって、体調を崩した場合、給与あり特別休暇の取得を可能とする
家族のワクチン接種日の付き添いの際の特別休暇の取得を可能とする

◆職域接種
職域接種を受けることができる

◆ワクチンインセンティブのあるお仕事特集サイト
https://www.baitoru.com/pdt/vaccine2021/