三菱 新型アウトランダーPHEV、東京駅前 丸の内仲通りイルミで12/8まで先行展示! しかも駆動用バッテリーから給電しクリスマスツリーLED球2000個を点灯中!

2021.12.03

東京駅 丸の内駅前のおしゃれストリート「丸の内仲通り」で、冬の風物詩&おしゃれイルミ「Marunouchi Street Park 2021 Winter」が始まった。

この東京駅前のキラキラ冬空間に、なぜか三菱自動車の新型フラッグシップSUV「アウトランダーPHEV」が、イルミネーションに溶け込むようにキラキラ状態で展示されている。

しかも、12月16日に正式発売だから、期間限定の12月8日までの先行展示っていうわけ!

しかも駆動用バッテリーでクリスマスツリーLED球2000個を点灯中!

この三菱「アウトランダーPHEV」、ただ先行展示されてるだけじゃなくて、しっかりこの丸の内仲通りイルミを支えてる。仕事中の風景だって知ってた?

実はこのアウトランダーPHEV、その給電機能を活用し、クリスマスツリーのイルミネーションを点灯させていた!

このクルマの駆動用バッテリーに蓄えられた電力を、車内に設置したAC100V電源(1500W)から引き出し、さまざまな電化製品に使えることを実際に示してるってわけ。

アウトドアレジャーでは便利、そして停電などの非常時には頼もしい蓄電池となることが、この丸の内仲通りイルミ(Marunouchi Street Park 2021 Winter)でしっかりわかる。

ちなみに、このクルマのバッテリーで光らせてるLEDは、クルマの背後にあるピンクのクリスマスツリー。LED球は約2000個で、見事にキラキラと輝いている。

PHEVを中心とした電動車をグローバルに展開する三菱自動車

―――三菱自動車のPHEVは、「日常はEV、遠出はハイブリッド」として環境にやさしく気持ちのよいモータードライブを思いのままに楽しめるほか、こうして駆動用バッテリーに蓄えた電力は車内に設置したAC100V電源(1500W)より、さまざまな電化製品に使うことができる点がポイント。

同社は、2030年までに新車からのCO2排出量を40%削減(2010年度比)という目標を掲げ、PHEVを中心とした電動車をグローバルに展開することで、地球環境の保全や持続可能な社会の実現をめざしていくという。

いよいよ発売される三菱アウトランダーPHEV、その先行展示は東京駅 丸の内パークビルディング前ブロック Wonder Terrace! 前で12月8日までだから、気になる人はきらきらの現地に行って確かめてみて!

こちらの記事もオススメです