留置車両を箱貸しする時代! 能勢電鉄がビジネス化、4両編成6万円から

2021.12.13

飲食店の空き時間に店舗を間借りするシェアレストラン、店舗の空きスペースを時間貸しする軒先ビジネス……などなど、空いている時間・空間を貸し出しするビジネスが、いよいよ鉄道でも始まった。

能勢電鉄は、従来の貸切電車サービスに加え、貸切留置車両を活用した新レンタルスペースサービスを開始。

通常では自由に利用できない電車という特別な空間を活かし、ユーザ自身で留置車両内や駅ホームを使って地域やコミュニティでの活動(撮影会など)はもちろん、店舗が集うマーケットやイベントなども企画・開催できる。

また、貸切留置車両に貸切電車を組み合わせることで、イベントのバリエーションを広げることもOKという。

4両編成の貸切留置車両の基本使用料(最大3時間)は、妙見口駅 6万円(1号線)、川西能勢口駅 10万円(5号線)、日生中央駅 7万円(留置線:撮影のみ、車内撮影は不可)。

基本使用料には、保安要員2名を含む。イベント内容によっては保安要員の増員が必要になる場合がある。

利用可能時間は10~15時。3時間を超え5時間まで利用する場合、1時間あたり5000円。

記念撮影時にヘッドマークを貸し出す場合(最大10枚)、1枚1000円

記念撮影時に方向幕を使用する場合、5000円。

また、貸切車両を指定する場合は1万円が必要。不特定多数を対象とした参加型有料イベントとして使用する場合には、入場料として1人160円が必要となる場合がある。

さらに、駅構内や車両内において物品販売を行う場合は、売上の2%を能勢電鉄に支払う必要がある。

画像:ましゃいこ / PIXTA


LINEで送る

オススメ記事