花王エッセンシャル ザ ビューティが発売3か月で500万個突破! その補修技術と、背景にあるコロナ禍の切実事情

2021.12.16

「カラーする前よりも髪がサラサラになった」

「セルフカラーでゴワゴワになっていたけど、1回使っただけで手触りが良くなった」

「ブリーチした髪のケアに使っている」

「痛みで指通りの悪かった髪が生き返った」

―――そんな声がSNSに寄せられて注目されているのが、花王「Essential THE BEAUTY(エッセンシャル ザ ビューティ) 髪のキメ美容シリーズ」。

こうした声があがる背景には、リモートワークの増加で、カラーやブリーチなど派手髪が流行するいっぽうで、カラーによる傷みに悩んでいる人たちが増えているからだとか。

カラーリングにより失われやすい成分「18-MEA」を配合

花王「Essential THE BEAUTY(エッセンシャル ザ ビューティ) 髪のキメ美容シリーズ」は、カラーリングにより失われやすい成分「18-MEA」(18-メチルエイコサン酸)を配合している点が特長。

髪全体に対し0.1%未満しか存在しないといわれる、美しい髪の必須成分「18-MEA」(18-メチルエイコサン酸)は、日々の洗髪や繰り返すカラーリングで失われやすい成分。

この「18-MEA」が失われると、毛流れが乱れやすく、髪のキメがそろわない原因に。

そこで「Essential THE BEAUTY 髪のキメ美容シリーズ」は、すべてのアイテムに「18-MEA」を配合。

また、髪1本1本のダメージ補修技術、毛流れの乱れまで整えやすくする技術を採用した新処方で、触れるたびとろめく、キメがそろった美しさへと導き、見た目でも、手触りでも美しい仕上がりを実感できるという。

さらに、髪内部まで補修し、柔らかい仕上がりにしてくれる保湿成分のセラミドES(補修)も配合。洗っているときから乾燥後、翌朝といった髪に触れるさまざまな場面で、指通りのいい髪に導いてくれるのもうれしい。

―――発売3か月でシリーズ累計500万個を突破した「Essential THE BEAUTY 髪のキメ美容シリーズ」。気になる人は、公式サイトや公式ムービーをチェックしてみて↓↓↓
https://www.kao.co.jp/essential/thebeauty/

こちらの記事もオススメです