キハ183系2両にデビュー当時の復刻塗装、昭和61年の姿で来春登場

2021.12.20

画像は「いまこそ輝け!北のキハ183系」専用ページから

JR北海道は2021年1月18日より、261系5000番台「ラベンダー」編成を特急「オホーツク」「大雪」使用車両に加える。

これを機に、北海道内では現役最古参の特急気動車キハ183系にスポットをあてたキャンペーン「いまこそ輝け!北のキハ183系」を実施。乗車証明書やペナントのプレゼント企画を実施する。

キャンペーンの一環として、キハ183系デビュー時の復刻塗装を企画。先頭車1両、グリーン車1両を昭和61年当時の塗装に変更する。2022年2月~3月にかけて塗装を完了したのち、定期列車で運行する。キャンペーン詳細は専用ホームページに掲載されている。

キハ183系は1986年11月より運用を開始。過去には「おおぞら」「とかち」「サロベツ」「北斗」などでも使用された。ハイデッカー仕様のグリーン車や「前面展望」が楽しめる。現在は特急「オホーツク」「大雪」で運用。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです