2022年の鉄道事始めは「小田急ロマンスカー」で 箱根を「観光型MaaS」でめぐる 強羅からゴールデンコースで箱根湯本の日帰り温泉へ(後編)【コラム】

2022.01.08

帰路に乗車した新鋭ロマンスカー「GSE」。GSEは「Graceful Super Express」の略。「Graceful(優雅な)」で、くつろぎなどを表現しました。乗車して感じたのは、小田原や相模大野の途中駅から乗車するビジネス客が多数いた点です

【前回】2022年の鉄道事始めは「小田急ロマンスカー」で 箱根を「観光型MaaS」でめぐる EXEαから登山鉄道に乗り継ぐ(前編)【コラム】
https://tetsudo-ch.com/12071570.html

2022年1月2~3日の「東京箱根間往復大学駅伝」。日本はコロナ禍で2020年、2021年と2年連続で厳しい状況に置かれたわけですが、快走する若いランナーに新しい年の復活、そして飛躍を予感した方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

小田急箱根グループの観光型MaaSで箱根をめぐる鉄道旅のコラム後編では、箱根登山鉄道の終点・強羅から箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェイ、そして箱根山中を行く箱根登山バスという4種類の乗り物を乗り継いで出発地の箱根湯本へ。小田急グループの日帰り温泉に入湯して、疲れをいやしました。

鉄道、ケーブルカー、ロープウェイ、観光船乗り継ぐ「箱根ゴールデンコース」

名づけて「箱根ゴールデンコース」。箱根登山鉄道箱根湯本駅をスタートに、登山鉄道(箱根湯本―強羅)、箱根登山ケーブルカー(強羅―早雲山)、箱根ロープウェイ(早雲山―大涌谷―桃源台)、箱根海賊船(企業名は箱根観光船。桃源台港―箱根町港・元箱根港)で箱根の自然や富士山の眺望を満喫。海賊船を下船した後は、箱根登山バスで箱根湯本または小田原に戻る、箱根観光の定番中の定番といえるルートです。それぞれの乗り物は小田急グループの企業が運営します。

ゴールデンコースは、1960年9月に箱根ロープウェイの大涌谷―桃源台間が開通して周遊が可能になり、2020年に60周年を迎えました。この間、ずっと順風満帆でなく、最近も2019年10月の台風19号で、箱根登山鉄道が2020年7月まで約9ヵ月間不通になったほか、コロナ禍で外国人観光客が大きく減少する打撃も受けました。

しかし、2021年10月の緊急事態宣言解除を受けて、関東一円からのスモールツーリズムを起爆剤に、客足は徐々に戻りつつあるようです。箱根湯本の温泉街にも、多くの観光客の姿がみられました。

次ページ正式名称は箱根登山鉄道鋼索線


LINEで送る

オススメ記事