モバイルSuicaに新機能、IC企画乗車券の購入や大学・専門学校の通学定期オンライン申請対応 2月13日はサービス一時停止

2022.01.28

アプリイメージ(画像:JR東日本)

モバイルSuicaに2つの新機能追加

JR東日本はモバイルSuicaのアップデートを実施する。

2022年3月12日(土)より、モバイルSuicaアプリ上でIC企画乗車券「のんびりホリデーSuicaパス」「都区内パス」「東京フリーきっぷ」「ヨコハマ・みなとみらいパス」の発売を開始する。今後は駅の窓口や券売機に立ち寄らず、アプリで気軽にお得な企画乗車券を購入できるようになる。

また2022年2月13日(日)より、大学・専門学校用の通学定期券を購入する際に、通学証明書などの画像データアップロードによる申込に対応する。新規購入の際はモバイルSuica会員メニューサイトから、継続購入(進級時)の際はモバイルSuicaアプリからそれぞれ申請できる。

これまでは証明書類をモバイルSuicaサポートセンターに郵送する必要があったが、これからはブラウザやアプリ上の手続きで済むようになる。ただし小学生・中学生・高校生用および実習用の通学定期券は対象外。

申請時のイメージ(画像:JR東日本)

これら新機能の追加に向けて、JR東日本は2月13日(日)午前0時頃~午前7時ごろにかけて、モバイルSuicaのサービスを一時停止する。入金(チャージ)済みのSuicaや購入済みの定期券・グリーン券は利用できるが、入金や定期券の購入など、アプリへのログインが必要なサービスは利用できない。またサービス再開後はアプリのバージョンアップが必要。


LINEで送る

オススメ記事