西尾市・蒲郡市・名古屋鉄道 6000系ワンマン車両に白帯塗装復刻 各種イベント実施へ

2022.03.12

名古屋鉄道は、西尾市・蒲郡市と締結した「名鉄西尾・蒲郡線に関する連携合意書」の合意事項「地域とともに更なる観光推進」の一環として、3月19日(土)から西尾・蒲郡線(西尾駅~蒲郡駅間)の6000系ワンマン車両前面・側面に白帯ラッピングを施して運行します。吉良吉田駅 12:01発 普通蒲郡行から乗車できます。

白い帯状の塗装は、1980~1990年代にかけて、有料特急専用車両であることを示すために7700系車両などに施されていました。ラッピングはその白帯をイメージしたものです。

白帯の車両は西尾・蒲郡線でも運行されていたことから、復刻で往時を懐かしんでもらう、西尾・蒲郡観光活性化コンテンツとして活用されます。5月8日(日)までは、白帯ラッピング車両内にかつての白帯塗装車両の写真が展示されます。

また、3月19日(土)~5月8日(日)の間は、西尾・蒲郡線の愛称である「西蒲線」になぞらえて、同車両の愛称を「にしがま号」とし、吉良吉田駅~蒲郡駅間を運行する際、車両前面にイラスト系統板を掲出します。

次ページ記念きっぷやグッズの発売も


LINEで送る

オススメ記事