今度は3400形で!「車両基地貸切プレミアム見学プラン」第2弾実施決定 京成

2022.03.04

京成電鉄3400形(イメージ)

京成トラベルサービスは2022年4月16日(土)、2回目となる「車両基地貸切プレミアム見学プラン」を京成電鉄後援で実施する。

「2組のお客様限定」(1組あたり最大4名)で、京成電鉄車両基地内での撮影や体験を思う存分楽しむプラン。第1弾を本年2月に実施したところ、多数の申込があり、参加者からも好評だったことから第2弾の実施へ踏み切る。

前回の使用車両は3600形(通称:ターボ君)。今回使用するのは、京成電鉄で唯一現役の鋼製車体として人気の3400形8両編成。参加者は京成上野駅から列車に乗り込み、宗吾車両基地へと向かう。

基地内では洗車機通過体験ほか、ハンドル操作やパンタグラフの昇降、車掌室での列車のドア開閉や車内放送、方向幕操作、保存車両見学などが楽しめる。

また自由撮影時間内には3400形の外観を参加者自身で撮影できるほか、京成電鉄の制服を着用して3400形と記念撮影もできる。

昼食として、貸切列車内で「京成友膳」特製のランチを提供する。参加者特典は、京成電鉄社員の名札を模したオリジナルのネームプレート、3400形の写真を掲載した名入りオリジナルフォトフレーム。

参加料金は1組あたり100,000円。申込は3月4日(金)~3月31日(木)12時までで、応募多数の場合は抽選を実施し、3月31日(木)夕方以降にメールでお知らせする。申込方法詳細やパンフレットなどは京成トラベルHPに掲載。


LINEで送る

オススメ記事