横須賀線 武蔵小杉駅が2面2線に

2018.07.17

JR東日本と川崎市は、横須賀線 武蔵小杉駅の2面2線化や新たな改札口を設置していく。

混雑が著しい横須賀線ホームは、現状1面2線。海側にもう1面、ホームを新設し、既存ホームを上り線の専用ホームに。新設ホームを下り線の専用ホームに仕立てる。

このホーム新設はJR東日本が負担。2023年度の供用開始をめざす。

また、あわせて新たな改札口を海側に設置。こちらは川崎市が負担する。

関連記事:JR川崎駅に新たな線路が出現
https://tetsudo-ch.com/122936.html


LINEで送る

オススメ記事