東京 伊勢丹新宿店 で武田双雲 個展 4/13~4/25 開催、天然石や再生和紙も活用

2022.04.10

独自のスタイルを確立し、企業とのコラボレーションなど幅広く活躍する書道家、武田双雲の個展「~感謝~」(Selene Art Media)が、東京・伊勢丹新宿店 本館6階 催物場で4月13~25日、計13日間にわたり開催される。

今回の個展のテーマは、「感謝~祈り~ THANK YOU FOR EVERYTHING」。伊勢丹新宿店での個展は、2020年12月に開催された個展「夢叶う」に続く2回目。

「感謝は、僕にとって原点というべき言葉です。いや、僕の生きる指針、僕をつくる要素、僕の思考感情のすべて、といってもいいくらい」と語るほど、武田双雲が自身の軸として大切にしてきた「感謝」という言葉。

現代のような不安定で迷いの多い時代のなかでも、「感謝」という感情に耳を澄ませて行動していくことが、何よりも重要なのではないかと伝え続けている。

人間として最も忘れてはならない“感謝の心”を

こうした武田双雲の想いのもと、個展のテーマが文字通りの「感謝」に決定。混沌とする時代や社会情勢のなかでも、人間として最も忘れてはならない“感謝の心”を思い起こさせてくれるような作品が集結。

また、天然石やビスマスの結晶、再生和紙を使うなど、SDGs(国連が定める持続可能な開発目標)を体現する新たな試みから生まれた作品も展示。

独自の視点と思想を組み合わせた、同氏の“原点かつ頂点”といえるような作品群(約250点)が一堂に会する、大規模な個展として開催される。

さらに、4月16日15時からはライブペインティング×ギャラリートーク、4月23日15時からはギャラリートーク (武田双雲×東京理科大学教授山本貴博氏)も開催予定。

「世界中が、“ありがとう”で包まれますように」と結ばれた同氏のメッセージ。 ぜひこの機会に、武田双雲が表現する「感謝」の世界を体感してみて。