アジア初、ピーチがエアバスA321LR導入

2018.07.18

PeachAviation(ピーチ)はエアバスA321LR2機を導入する。同機投入は、アジアの航空会社で初めて。

ピーチのエアバスA321LRは、2020年度に進出する中距離LCC事業にむけた機材。

ピーチは、エアバス社と2016年11月に締結したA320neo10機の購入契約を8機へ変更。新たにA321LRを2機導入する。

A321LRは、単通路型機のベストセラーであるA320ファミリーの最新派生型で、同ファミリーのA321neoをベースに開発されたモデル。

単通路型機としては、世界最長の最大航続距離 7400km を実現。日本からアジアの全域をカバーできる。

今回、購入契約を締結したA321LR 2機は、2020年度内に受領する。

Peachは今後、バニラエアを統合し、2020年度以降にA321LRを含む保有機数を50機以上、就航路線数を50路線以上へと事業規模を拡大していく。

こちらの記事もオススメです