185系「鉄道開業150年記念号」東海道貨物線などを運行、制服も「レトロ調」でおもてなし――6月開催

2022.04.21

185系車両(イメージ)

2021年春に定期運用を終えた185系が、団体専用臨時列車「鉄道開業150年記念号」として貨物線を走る――そんなツアーが6月に開催される。

出発日は2022年6月4日(土)・5日(日)。185系6両編成を使用する横浜発着の日帰りツアーとなるようで、両日とも辿るルートこそ異なるものの、東海道貨物線・尻手短絡線などを運行する。

運行ルートイメージ(画像:JR東日本)

車両には鉄道開業150年記念ヘッドマークを掲出し、車内では鉄道開業当時の制服を再現した「レトロ調制服」を着用したスタッフがおもてなしを行う。昼食は元祖東海道の駅弁「東華軒」の記念弁当をオリジナル掛け紙付で提供。鉄道の歴史にまつわる車内放送も実施する予定だ。また日本の鉄道と同じく創業150年を迎える「熊澤酒造」とのオリジナルコラボグッズをプレゼントする。

発売は2022年4月27日(水)14時から。JR東日本びゅうツーリズム&セールス「日本の旅、鉄道の旅」サイト限定で申込を受け付ける。価格は大人15,000円、こども14,000円、各日150名まで。


LINEで送る

オススメ記事