E3系で山形新幹線車両センターへ、JR東日本仙台支社が見学ツアー

2022.06.08

JR東日本仙台支社は2022年6月8日、「山形新幹線車両センター」を体験・体感できる小中学生向けのイベント「つばさのお仕事なにしてる?山形新幹線開業 30 周年見学ツアー」を開催すると発表した。

山形駅からE3系車両で山形新幹線車両センターへ乗り込み、参加者らに運転台や屋根上の見学、車掌のお仕事体験などを楽しんでもらう。イベント中は、新幹線だけでなく、JRグループで初めて投入された在来線用の標準軌車両「719系5000番台」の車両ジャッキアップも見学できる。

「現役の車両メンテナンス社員と乗務員がプロデュースしたツアーだからこそ実現するコンテンツをご用意しています」(JR東日本仙台支社)

実施日は2022年7月2日(土)。午前の部/午後の部に分け、各回20組40名まで募集する。申込は「JRE MALL 仙台支社店」の商品ページで、6月10日(金)10時から受け付ける。価格は1組14,000円。


LINEで送る

オススメ記事