押上線が近づいてきました【駅ぶら05】京成電鉄 本線37

2022.09.30

※2022年5月撮影

トップ画像は。お花茶屋駅から青砥駅への前面展望。青砥駅手前で青砥駅2階上りホームから上ってきた普通電車京成上野行とすれ違います。3400形電車のカラーリングが筆者は好きです。

では、お花茶屋駅下りホームから前面展望がスタート。手前が歩行者専用踏切。

※2022年5月撮影

水戸街道(国道6号線)を越える高さまで京成線は上ってゆきます。

※2022年5月撮影

水戸街道(国道6号線)を越えます。この先青砥駅まで高架線です。

※2022年5月撮影

京成線は緩やかに右にカーブします。マンションが多いですね。

※2022年5月撮影

トップ画像の下り普通電車が見えました。S字にカーブして青砥駅3階の下りホームに向かいます。左には、青砥第三団地の高い樹木。この先は、低層の住宅街になります。

※2022年5月撮影

トップ画像の直後。右が青砥駅2階の上りホームから上がってくる上り線。

※2022年5月撮影

左カーブして青砥駅に向かいます。

※2022年5月撮影

右から押上線が近づいてきました。

※2022年5月撮影

緩くカーブしたまま青砥駅3階上りホームに到着します。2階の上りホームが何となく分かります。

※2022年5月撮影

4番ホーム、途中から直線になります。

※2022年5月撮影

では、次回は青砥駅に下車します。

(写真・文/住田至朗)

※駅構内などは京成電鉄さんの許可をいただいて撮影しています。

※鉄道撮影は鉄道会社と利用者・関係者等のご厚意で撮らせていただいているものです。ありがとうございます。


LINEで送る

オススメ記事