飛ばさずコトコトとゆっくり【私鉄に乗ろう 68】

2018.10.12

【私鉄に乗ろう 68】伊賀鉄道伊賀線 その4

運転台。元東急電鉄1000系電車ですが、現在は伊賀鉄道200系電車です。この1000系という箱?は何でしょうか?

車窓はあまり変化がありません。伊賀鉄道は飛ばさずコトコトとゆっくり走ってゆきます。

比土駅と良く似た感じの元島式ホーム1面2線という線形。1.3kmで依那古駅。

駅名標。この駅も所在地は伊賀市沖です。1922年(大正11年)に開業してからずっと依那古駅なので、やはり地域の古名なのでしょうか。小学校も依那古小学校です。

往路で撮った写真。肥土駅の様には、線路の一部が残されていません。

横に国道422号。その向こうは木津川。

1.4kmで市部(いちべ)駅。ホーム上に待合室があるだけのシンプルな駅。

駅名標。ここは所在地の伊賀市市部が駅名です。1kmほど離れたところにゆめが丘住宅地があります。

駅のブロック塀の上に瓦? ちょっと不思議な眺めです。

似た様なポジションの写真。2016年7月なので運賃表に四十九駅はありません。

往路の写真。駅の横を国道422号線が通っています。

【私鉄に乗ろう 68】伊賀鉄道伊賀線 その5 に続きます。

(写真・記事/住田至朗)

TAGS


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです