名古屋市交通局「黄電」ラッピングで復活へ 懐かしのウィンザーイエローが東山線、名城線、名港線で8月運行開始

2022.07.19

名古屋市交通局は、2022(令和4)年8月1日(月)に市営交通100周年を迎えることから、「市営交通100年祭」を実施しています。

これに合わせて計画されたのが、名古屋の地下鉄のシンボル的な存在であった黄色い電車(黄電、きいでん)を車体ラッピングなどで再現し、復活運転するプロジェクトです。

ラッピング費用の調達には自治体のふるさと納税サイトのガバメントクラウドファンディングを活用。目標金額には届かなかったものの、2022年6月30日までの81日間で253万6,300円の寄付が集まりました。

メモリアルトレインは8月1日から東山線で100形車両1編成(2023年1月22日まで)、8月8日から名城線/名港線で1000形車両1編成(2023年1月29日まで)がそれぞれ運行を開始します。

そのほかにも、8月1日からは100周年を記念したドニチエコきっぷの第1弾のほか、市電1400型デザインのメジャーを発売。また1日限定でイオンモール名古屋ドーム前にて「市営交通100年祭 お誕生日会」と銘打つイベントを実施します。

<鉄道チャンネル 関連記事>
市営交通100周年を記念して地下鉄開業時の〝黄電〟を復活運転 名古屋市交がCFで資金つのる
https://tetsudo-ch.com/12399385.html

次ページ【画像】ドニチエコきっぷの券面や市電型メジャーについて


LINEで送る

オススメ記事