第3回「貨物電車モニ1形・車両基地見学会」9月開催決定 夜間にレール等を運搬する車両を間近で

2022.07.28

2009年から現在のモニ1形

箱根登山鉄道は2022年9月3日(土)、3回目の「貨物電車モニ1形・車両基地見学会」を開催します。

モニ1形は主に夜間の線路保守作業時にレールなどの運搬に用いられる事業用車。日中は強羅駅構内の隅に留置されているため、なかなか見る機会はありません。見学会は「さわってヨシ、撮ってヨシ、荷台に乗ってヨシ」のスタイルで、車両基地スタッフによる屋根上や床下の解説も行われる予定です。

箱根登山鉄道は同様の見学会を2022年4月に初開催、6月に2回目を追加開催しましたが、いずれも受付開始後即完売したほどの人気ぶりでした。ファンからは追加開催を望む声があり、これに応えるかたちで第3回目の開催が決定したといいます。

イベントは午前・午後の2回に分け、各回20名の完全定員制で行われます。開催場所は入生田駅から徒歩5分の入生田車両基地、参加費用は1人6,000円です。申込は2022年7月31日(日)午前10時より「箱根登山電車ONLINESTORE」にて先着順で受け付けます。

当日はほかにも、旧型車両100形車両の展示や、箱根登山電車オリジナルグッズ・鉄道部品の販売会、参加記念ノベルティのプレゼントなども予定されています。

次ページ【画像】モニ1形に描かれた「モーニーくん」


LINEで送る

オススメ記事