東武東上線「大山駅」付近の高架化に着手 踏切8か所除却 2030年度事業完成目指す

2022.07.28

東武鉄道は2022年7月28日(木)付けで、東武東上線「大山駅」付近 約1.6キロ区間の連続立体交差事業(高架化)に着手すると発表しました。

8か所の踏切を除却することで、交通渋滞の解消や道路・鉄道双方の安全性向上が見込めるのみならず、鉄道により分断されていた地域の一体化・安全で快適なまちづくりが実現するとしています。

事業費は約428億円で、負担額は東京都が約342億円(国費含む)、東武鉄道が約86億円。2030年度の事業完成を目指します。

東上線第16号踏切付近(大山駅~中板橋駅間)現況(左)と事業完了後イメージ(右)

(画像:東武鉄道)


LINEで送る

オススメ記事