「きのこの山・たけのこの里」×「津軽鉄道」コラボ!期間限定で「夢見るきのたけ号」運行へ

2022.08.16

明治「きのこの山」「たけのこの里」と青森県の津軽鉄道がコラボレーションし、2022年8月17日(水)~8月31日(水)の期間限定で、「走れメロス号」を『夢見るきのたけ号』として運行します。

「きのこの山」「たけのこの里」は皆さんご存知、明治のロングセラーブランドです。同社は2020年、両ブランドに対する愛の深さを47都道府県ごとに分析した『きのこの山・たけのこの里 国民大調査2020 ~愛こそニッポンの元気プロジェクト~』を実施し、青森県が「『きのこの山』の夢を『よくみる』と回答した割合が高い都道府県【第1位】」「『たけのこの里』の夢を『よくみる』と回答した割合が高い都道府県【第3位】」であることが分かりました。

津軽鉄道は毎年夏、冷房機器がなかった1982年から夏の風物詩として「風鈴列車」を運行しています。そうした情報を入手した明治は、”そんな夏にぴったりのシーンで、冷やしても美味しい「きのこの山」「たけのこの里」を味わっていただければ、さらに多くの青森県民の皆様が「きのこの山」や「たけのこの里」の夢をよく見てくれるのではないか”と想像しながら津軽鉄道へコラボを提案、実施に至ったといいます。

コラボではヘッドマークや車両内を「きのたけ」仕様にした『夢見るきのたけ号』を運行するほか、津軽五所川原駅と津軽中里駅にて、特別に設置した冷蔵庫で「きのこの山」と「たけのこの里」の12袋入り(大袋)を1袋ずつ小分けに”冷やした”商品(小袋)を無料配布します(おひとり様1日それぞれ1個ずつ合計2つまで)。

また、「風鈴列車」の風鈴を手掛けている津軽金山焼の協力のもと、「きのこの山」「たけのこの里」を模したオリジナルの風鈴を制作し、8月20日(土)より車両内に合計6個設置する予定です。

津軽鉄道総務課の白鳥さん(きのこ派)は、次のようにコメントしています。

「明治さんからの突然のコラボ企画のご相談をいただき大変驚きました。夏には冷房機器のなかった1982年から長らく風鈴列車を運行しておりましたが、あの有名な『きのこの山』『たけのこの里』と初めてコラボをすることになるなんて。しかも、ご相談いただいてからわずか1ヶ月で『夢見るきのたけ号』を運行できるとは、それこそ『夢見る』ようで、実現できるとは正直思っていなかったです。今回の取組みをお客様に喜んでいただけましたらとても嬉しいですし、今後も継続して新しい風物詩にできたら素敵だなと思っております」

また、津軽金山焼の野呂さん(たけのこ派)からは、

「思いもよらぬご依頼に驚きましたが、初めて『きのこの山』『たけのこの里』の風鈴をつくらせていただき、大変光栄に思っております。とても楽しく製作し、改めてこのような機会に恵まれた事に感謝いたします。可愛らしい形と風鈴の優しい音色、目と耳で多くの方に楽しんでいただけることを願っております。ちなみに、私は、『たけのこの里』派です。あのサクサク感が好きです」

とのコメントも。「きのこの山」「たけのこの里」ファンは、ぜひ津軽鉄道へ!


LINEで送る

オススメ記事