「ウエストエクスプレス銀河」10月から再び紀南へ 夜食ラーメンなどのサービスもリニューアル

2022.08.17

JR西日本は2022年8月17日、「WEST EXPRESS 銀河」紀南コースを運行すると発表しました。運行区間は京都〜新宮で、新宮行きは夜行、京都行きは昼行となります。運行期間は2022年10月〜2023年3月。

同社によれば昨年度は約3,000人が利用したという紀南コース。2年目となる今年は昼行列車で出発を2時間早めるなどダイヤを大幅に変更し、新幹線を使えば関東や九州方面からも利用しやすくしたほか、夜行・昼行ともに海側座席を倍増する運行とし、雄大な太平洋の景観が満喫できるスポットの景観改善活動に地域とともに取り組んだといいます。

日本旅行が企画する個人旅行商品として、8月30日(火)より発売を開始する予定です。詳細は「WEST EXPRESS 銀河」特設サイトからリンクする専用ページにて発表されます。

「WEST EXPRESS 銀河」紀南コース 途中停車駅と各駅での発着時刻(画像:JR西日本)
運転日一覧(画像:JR西日本)

「おもてなし」内容もさらにパワーアップ!

前回は和歌山駅で下車し、駅の近くにあるラーメン屋「まる豊」の提供する夜食のラーメンを楽しむというサービスでしたが、今回は夜食サービスをリニューアルし、テイクアウトとします(写真は2021年度運行時のもの)

夜行列車では、前回の運行で注目を集めた夜食の「和歌山ラーメン」はテイクアウトとし、深夜の駅ホームで懐かしい夜行列車の旅情を感じられる内容へリニューアル。早朝の串本駅到着時刻も「橋杭岩」の日の出を鑑賞できるよう季節に応じた時間を設定します。

昼行列車では4号車フリースペースで運行日ごとに沿線市町・地元企業による地域の魅力紹介、名産品のふるまいなどを行うほか、周参見駅では現地の「道の駅」の出張販売、日帰り入浴・サイクリング体験など多彩なオプションも準備したといいます(一部有料)。

さらに、地元企業と協力し「銀河」モチーフのオリジナルグッズも新たに開発。JR和歌山駅など、紀南銀河の停車する一部の駅のセブンイレブン ハートインやおみやげ街道、JR西日本オンラインショップ「DISCOVER WEST mall」などで販売します。

<鉄道チャンネル 関連記事>
【7月16日から】「ウエストエクスプレス銀河」紀南コースで夜行のときめきに満ちた旅を
https://tetsudo-ch.com/11587277.html


LINEで送る

オススメ記事