「丹後くろまつ号」2年ぶり天橋立~敦賀間運行へ 4日間限定の特別コースで『若狭・地元食材の魅力体験』の列車旅

2022.08.26

丹後くろまつ号

京都丹後鉄道の「丹後くろまつ号」がJR小浜線へ乗り入れし、2年ぶりに天橋立~敦賀駅間を運行します。運行日は2022年10月1日(土)、2日(日)、8日(土)、9日(日)の4日間限定で、9月1日(木)午前10時より京都丹後鉄道のホームページで予約申し込みを受け付けます。

運行ルート(画像:京都丹後鉄道)

「丹後くろまつ号」の小浜線乗り入れは2019年、2020年に実施され好評を博しました。2年ぶりとなる今年は『若狭・地元食材の魅力体験』をテーマに全6コースを運行。料金は7,700円~。車内では若狭エリアや北近畿の海の幸・山の幸をふんだんに使用した食事や、地酒・ワイン、丹鉄コーヒーなどを提供。沿線の絶景とともに楽しみます。

さらに今回はホテル宿泊がセットになったコース、若狭高浜や敦賀で楽しめるオプショナルツアーも用意しました。北陸新幹線の2024年春延伸開業を前に、敦賀・若狭エリアと北近畿エリア間の観光活性化を目的として地元自治体や事業者が協力し、魅力発信に取り組みます。


LINEで送る

オススメ記事