「鉄道マイスター検定」10/14サービス開始!JRE MALLで先行受付始まる

2022.09.16

ジェイアール東日本企画とサイバードは鉄道開業150年を記念し、2022年10月14日より「鉄道マイスター検定」のサービスを開始します。

検定は全国の鉄道ファンが自らの鉄道知識を定量的に測るという趣旨のオンライン検定企画で、検定を通じて知識を体系化したり、興味を広げたり、他のジャンルと相互に対話・交流を促したりすることを目的としています。受験にはスマートフォンやPCがあればOKです。

出題範囲は「車両・列車・駅」「歴史」「技術」「時刻表」「旅・食」の5分野で、問題数は50問。80%以上正当すると合格と判定され、上位30位までは鉄道マイスター検定公式サイトにて発表されます。

本日9月16日からは、JR東日本の通販サイト「JRE MALL」にて、先着200名を対象に受験用シリアル番号の先行受付も始まりました。先行受付料金は通常料金(4,500円)から10%オフの4,050円となり、少しお安くなります。

©鉄道マイスター検定実行委員会


LINEで送る

オススメ記事