宮脇駅を発車する「もみじ号」。ケーブルカー宮脇駅は筑波山神社に隣接します。「お宮の脇の駅」が名の由来です

国の需要喚起策「全国旅行支援」がスタートし、2022年10月の日本はコロナ禍からの回復ムード一色。鉄道業界にも、観光・イベント関連のニュースがあふれます。観光列車は大手だけじゃない。乗車時間片道わずか8分間のケーブルカーも、知恵を絞ればイベント列車に変身させられます。

茨城県つくば市の筑波観光鉄道は紅葉シーズンに向け2022年10月13日から、初のイベント列車「バラのアートトレイン・ストーリーテラー’s レールウェイ」の運行を開始。11月10日までの期間限定イベントでは、筑波山を登り下りするケーブルカーの車内で、イケメン・イケボの俳優・声優が民話や神話をナマ朗読します。2022年10月12日の試乗会に参加しました。

関東エリアで2番目に古いケーブルカー

筑波山ケーブルカーは、山ろくの宮脇駅と筑波山頂駅を結ぶ1.6キロの鋼索鉄道。高低差495メートルで、大正年間の1925年に開業しました(戦後一時休止)。関東エリアでは箱根登山ケーブルカーに次ぐ、2番目に長い歴史を持ち、運営会社の筑波観光鉄道は京成グループです。

「西の富士、東の筑波」と称される美しい山容の筑波山には、西側の男体山(871メートル)と東側の女体山(877メートル)の2つの峰があり、ケーブルカーが登るのは男体山。女体山へは、同じ筑波観光鉄道の筑波山ロープウェイで登れます。

ケーブルカーで男体山へ、女体山に30分間ほど縦走してロープウェイで下山するのが一般的な観光登山スタイル。ケーブルカーの最近の利用客は年間30万人ほどで、ピーク時に比べ4割程度減少。コロナ禍による不振ばん回の狙いも込め、観光庁の助成を活用してナマ朗読列車を考案しました。

茨城の県花で車内をデコレーション

もう1両の車両「わかば号」。車体色が異なるだけで「もみじ号」と同形です

筑波山ケーブルカーは、赤色の「もみじ号」、緑色の「わかば号」の2両が交互に行き来します。イベント列車に変身するのはもみじ号。車内の床や天井を、県花のバラで埋めます。バラは、つくば市の北隣の石岡市にある「いばらきフラワーパーク」から直送しました。

そもそも茨城の地名は、「茨(イバラ)で城の守りを固めた」の伝承に由来するとか。ケーブルカーはイベント期間限定で、バラと車両をあしらったヘッドマークを付けます。