山形新幹線「米沢トンネル」整備へ向けて一歩前進 JR東日本と山形県が覚書締結

2022.10.24

山形県とJR東日本は2022年10月24日、山形新幹線米沢トンネル(仮称)整備計画の推進に関する覚書、ならびに山形県内の鉄道沿線の活性化等に関する包括連携協定を締結したと発表しました。

山岳区間を走る山形新幹線の福島~米沢間は、雨、雪、動物との衝突などによる運休や遅延が発生していています。

これらの抜本的な防災対策となる米沢トンネル(仮称)を整備することで、安全性・安定性が向上するほか、時速200キロ以上の高速走行も可能な緩やかなカーブのトンネルとすることで10分強のスピードアップが見込まれます。

米沢トンネル(仮称)の事業区間は奥羽本線 庭坂駅(福島県)~米沢駅(山形県)間約23km。工期は着工より約15年を想定し、事業費は約1,500億円とされています(工期・事業費は調査等により今後精査)。

山形県内の包括連携協定は、県内の鉄道沿線の活性化を図り、相互の持続的な発展を目指すことを目的として結ばれたもので、取組としてはワーケーションの推進や観光キャンペーンの展開、列車荷物輸送の取組、交通系ICカードの利活用、防災・災害対策の連携やまちづくりの推進などが挙げられています。協定の期間は締結日から10年間です。

(山形新幹線 E3系 イメージ写真:武彩 / PIXTA)


LINEで送る

オススメ記事