JR九州は熊本車両センターで「マヤ34形+DE10形 車両撮影会」を開催します。現役で活躍するマヤ34形に会えるだけでなく、DE10形の運転台も見学できるなど、貴重な体験ができそうです。

<関連記事>鉄道総研が建築限界支障判定装置を開発、JR九州マヤ34形検測車に後付けで運用か

出発日は3月21日(火・祝)で、午前の部・午後の部に分かれており、どちらも撮影会の内容時は同じです。撮影会ではマヤ34形が前照灯を点灯するほか、DE10形の運転台見学、DE10形への「はやぶさ」「はやぶさ・さくら」「SL人吉」ヘッドマーク装着などが予定されています。

また、イベントでは鉄道部品販売会も実施。415系で使用していた速度計や圧力計などの計器類、キハ66・67形で使用していたボックスシートの手すり、時代を感じさせるハンガーフックなどを用意されているということです。

旅行代金は1人あたり25,000円(大人こども同額、熊本駅発着)、博多駅発着プランでは大人31,000円/こども28,000円になります。申込はSTORES予約サイトで受け付けています。