東京2020オリンピック6位入賞の大迫傑もかつて、この平坦で緑豊かなコースで新記録をマークし、いまも箱根駅伝のプレ大会としてランナーやファンを惹きつける伝説の市民マラソン―――「上尾シティハーフマラソン」。

埼玉県上尾市の市街地から緑豊かな郊外を駆け、WA/JAAF公認コースに箱根駅伝出場選手たちもガチで走り抜ける箱根プレ大会の地として知られる上尾シティハーフマラソンの参加ランナーを、7月1日~8月31日の2か月間 募集している。

ことしは「市制施行・スポーツ協会創立65周年記念 第36回 上尾シティハーフマラソン」と題し、11月19日に開催。すでに募集枠の半数が埋まったというほど、注目を集めるレースだ。

ADVERTISEMENT

この開催に先駆け、上尾市役所で7月14日に発表会が行われ、上尾シティハーフマラソン大会会長の畠山稔 上尾市長をはじめ、「日本一走るアナウンサー」の長谷川朋加、大会実行委員 柳瀬義弘 委員長、上尾市 坂本恭孝 副市長、上尾市教育委員会 西倉剛 教育長、大会事務局 永澤誠 事務局長、司会 舘谷春香らが登壇。今大会のみどころや、Tシャツデザイン最優秀賞デザインなどが伝えられた。

全国からガチランナーが集結! クールなオリジナルデザインTシャツも

“箱根駅伝プレ大会”としても注目を集める上尾シティハーフマラソンは、ランナーの新記録を出す“聖地”としても知られ、箱根駅伝出場選手をはじめ、WA/JAAF公認コースということでトップアスリートがガチ参戦することで有名。

海外からの参加者や、「新記録を続出させる世界陸連日本陸連公認コースでガチレースに挑みたい」という想いの県外ランナーも多く参加し、トップアスリートといっしょに走れる市民マラソンとして注目を集めている。

そして注目といえば、参加者が着用するTシャツも、コレクターなどもするアイテム。

ことし2023年で市制施行・スポーツ協会創立65周年をむかえる上尾市は、この上尾シティハーフマラソンで参加ランナーに配布するTシャツのデザインを公募し、厳正なる審査を経て最優秀賞に選ばれたTシャツデザインが、これ↑↑↑

描いたのは、埼玉県立伊奈学園総合高等学校 1年生 間美来さん。上尾市の市町村境界ラインをバック地に敷き、オリジナルのロゴをスタイリッシュにおいた、クールなデザインに。

2022大会は6000人以上のランナーが参加、箱根駅伝ファンも応援!

「上尾シティハーフマラソンは、上尾市の市街地から緑豊かな郊外を走るアップダウンの少ない平坦なコースで、小学生から市民ランナー、実業団まで、幅広いランナーが出場するマラソン大会として人気」と、発表会で伝えるのは、上尾シティハーフマラソン大会会長の畠山稔 上尾市長。

「コロナ禍で3年ぶりの開催となった2022大会は6000人以上のランナーが参加。また箱根駅伝常連校が多数参加する大会としても知られ、箱根駅伝ファンからも注目を集める大会として知られている」(大会関係者)

そのハーフは世界陸連日本陸連公認コースで、ここで出た記録は公式記録としてマークされるというから、全国からランナーが集結するのもわかる。

「上尾市をバックに入れて、上尾をアピールしてもらえる。文字もすごくいいデザイン。今回の大会を盛り上げるすばらしいデザイン」(大会実行委員 柳瀬義弘 委員長)

「エレガントですばらしい。選手もがんばろうという気持ちになるウキウキできるデザイン」(畠山稔 上尾市長)

「スマートでシンプルながらも、上尾への愛を感じる。早く実際にプリントされたものを着て、走りたい!」(長谷川朋加)

―――かつて大迫傑も新記録をマークした上尾シティハーフマラソン。ことしは11月19日に開催。どんなドラマと記録がここ上尾から生まれるか……。

そんな上尾シティハーフマラソンは、まだ参加者を募集しているというから、気になる人は公式サイトをチェックして、参加みて↓↓↓
http://ageocity-marathon.com/

(発表会にはTシャツデザイン審査で優秀賞「高校生の部」に選ばれた埼玉県立伊奈学園総合高等学校 3年生 小原理彩子さんや、「一般の部」選出の野左近聡子さんも―――Tシャツにはならないけど、おめでとうございます! みんなかっこいいよーっ!)